■■3V ワーク/ライフ・バランス ■■■■■■■■■■■■■■■Vol.203■■

  \ ★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ─ ★・ 許しと怒り
   /★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■クラーク・フューチャー・コンサルタンツ有限会社 2011/ 2/25 ■


     ク┃ ラ┃ー┃ ク┃の┃書┃棚┃か┃ら┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

ふだんの生活で「何かもっと欲しい」と思うときには、
 すでにあるものに感謝しつつ生活すべきである。
  そうすることによって、実は自分たちの生活が
   すでに十分満足すべきものであり、さらには過剰になっていることに
     気がつくことのほうが多いのだ。

『究極の贈りもの』 (ジム・ストーヴァル著 グスコー出版)


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
CFCの赤木美香です。
近所の家々に、桜のつぼみ、桃や梅の花がちらほら咲き始めています。
少し春めいた昼間もありますが、まだ朝晩寒いですね。
お元気でお過ごしですか。

ニュージーランドの地震は被災者の方、安否が気になりますね。
早く救出されることを祈っています。
私の知人の旦那さんもニュージーランドで仕事をしていました。
また、私も若かりし頃、すぐ近くのオーストラリアで語学研修に
参加していたことを思い出します。


今回は、「許し」と「怒り」に少しだけ焦点を当ててみたいと思います。
なぜなら、私の永遠の課題だから・・・♪

常々、よく人様にお話しすることに「子供は『許す』の天才ですよね!」
というフレーズがあります。
嫌なことがあっても、「ごめんなさい!」を心をこめて伝えると、
「もうやらないでね」の一言ともに、「いいよ!」と許してくれます。
そして、すぐに笑顔を見せてくれます。
また、すぐに、それをもう忘れてしまったかのように、
次の関心ごとに気持ちは向いていきます。

大人になるどの段階で、何かに「こだわり」をもって、「許す」ことが
難しくなってきたのでしょうか。

私の「許す」修業は、丁度30歳になったころ、始まりました。
ある2人に、嫌な言い方ですが、その時の表現だと「裏切られた」のです。
イエスキリスト、聖徳太子の行動、哲学の本、たくさん読みました。
「許す」ことの大事さを、たくさんの教えの中から学びました。
しかし、まだ30歳になったばかりの私は、自己中心的に物事を考えがちで、
大事はわかるけれど、なかなか行動が変わるまでにはいかなかった。

今、40歳も半ばに差し掛かると、こういった自己研磨の学びも
20年以上の月日が経ち、ただの「知識」から、経験を伴った「智恵」に
かわりつつあるようです。
「許し」の極意(?!)を体得したいと強く願ったせいか・・・(笑)、
私にも、ただの「知識」から、活かせる「智恵」にさせていただくために
必要な大きな「経験」も与えられました。

その大きな厳しい「経験」は、そのものだけみたら、「辛いよ~」と
泣きさけび、対象人を憎み、恨みをぶちまけ、た
だ逃げ出したら、もしかしたら楽かもしれない。
そういった「この辛さから逃げたい」と思ったこともありましたが、
結局、その状況、出来事を「受け入れる」ことにしました。
もちろん、「受け入れる」ことは、精神的にも力がいりますから、
まだ進行形です♪


でも、ここでヒント!!!
ただその状況を「受け入れる」ことを実践したら、
少し「許し」の意味が分かったような気がしてきました。
理不尽な出来事に、腹をたて、対象人に怒りの感情を持っていると
「許し」の感覚は得られない。

ただこういうことが起こった。それで、私はどうしたいの?
この出来事が起こった意味は何かな? 

なんて、考えながら、ただ「受け入れる」ことに今集中していたら、
心が穏やかになってきました。
「怒り」は心だけでなく、身体もむしばむとはよく聴きますが、
本当にそうだな!と思います。
「怒り」を心にもっていると、顔が歪み、頭にでてくる言葉は、
対象人を責めることばかり・・・。イライラ、むかむか・・・。

「許す」ことは、そう簡単ではない、かもしれない。
でも、このただ出来事を「受け入れる」行動を実際に行動してみると、
少し時間(日数)はかかるかもしれませんが、心の痛みを軽減できますよ。


これから季節は春にむかっていきます。
春のあたたかな日差しの力をかりて、心の中のわだかまりも
とかしていけたらいいですね。
ぽっかぽっかした春のような「心の有り様」でいられると
いいですね♪

[CFC 赤木美香]


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3V ワーク/ライフ・バランス Vol.203 INDEX】
┃ 1.「ワーク/ライフ・バランス」:先進企業の施策 (1)
┃ 2.クラークの書棚から
┃ 3.ビジネスリーダーズアカデミー 新講座開講!
┃ 4.編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.「ワーク/ライフ・バランス」:先進企業の施策 (1)

去る2011年2月2日に、ワークライフバランスフェスタ東京2011
(東京都主催)が東京国際フォーラムで開催されました。

本イベントはワーク・ライフ・バランス推進の一環で、
経営メリットに関するパネルディスカッションや、
優れた取り組み事例の紹介などが行われました。
4部門で10社が「東京ワークライフバランス認定企業」として
認定されました。
その中から、興味深い取り組み内容について、お伝えします。

休暇取得促進部門:(株)ツナグ・ソリューションズ

採用代行、人事活動コンサルティングを行う同社は事業柄
自社が「働くことの研究所」として、働きやすい職場の実践に
取り組んでいます。

ユニークな休暇制度があること、休暇取得しやすくする土壌づくりには
大きなポイントがありました。

家族、恋人、友達など大切な人の誕生日に取得できる「LOVE休暇」は、
なんとプレゼント代まで支給。(事業年度に1回まで)
ボランティア活動、勉強・自己啓発のために最高連続5日間とれる
「ボランティア休暇」、「勉強休暇」(事業年度に1回まで)
理容院・美容院にいくため、さらに髪を切るだけでなくネイルや
ヘッドスパも対象となる「理美容半休」(月1回まで)、
映画、美術展代等を支給し、情操教育を目的とした
「カルチャー&エンタメ半休」などが整備されています。

なんとも画期的ですが、すべてに共通する取得条件がまた画期的です。
それは、社内ブログへの動画と感想の書き込みです。
行ったこと、感動・刺激を全員にフィードバックすることが、
取得要件となっており、社内インフラが仕組みとしてあるのです。

人となりを知ったり、従業員同士のコミュニケーション活性化に加え、
周りで休暇を利用しているのがわかるため、
安心して取得できる社内風土ができるのにつながっています。
また「特別休暇取得促進マニュアル」があったり、
休暇取得を促進するプロジェクトは、有休にかけて「You-9」プロジェクト。
「10日の有休のうちせめて9日は使ってください」という
メッセージも併せもっています。

こうして見ると、制度から土壌づくりまで、
「休暇をとりたい」「とろう」と思わせる仕組みが
素晴らしくできあがっていると思いませんか。

[CFC 清水]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2.クラークの書棚から

究極の贈りもの』 (ジム・ストーヴァル著 グスコー出版)より

[プロフィール]
ジム・ストーヴァル氏(Jim Stovall):
自らも全盲の氏は、視覚が不自由な人へテレビを見せたいと、
ナレーション中心のテレビ番組を放送するテレビ局、NTNを創設する。
リンカーン、ディズニーらとならぶ、「傑出した米国青年ベスト10」に選出。
1997年度「ザ・イヤー・オブ・アントレプレナー」
2000年にはマザー・テレサも受賞した「国際人道賞」を受賞。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★3.ビジネスリーダーズアカデミーについて

日刊工業新聞社様主催の夜間セミナーにて、
弊社代表赤木が、月2回の講座を担当しています。
事業所単位のお申し込みになりますが、
月額制で、複数人、すべての講座を受けることも可能です。

2月より新たな講座も開講しています。
「ホスピタリティ・コミュニケーション アドバンス」
↓ 詳しくはこちら ↓
http://www.kibanken.jp/business/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★4.編 集 後 記

この時期は、通勤時に受験生とよくすれ違います。
一様に不安そうな固い顔、思わず顔晴って、と言いたくなります。
春はもうすぐそこですね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

[CFC 清水]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★【3V ワーク/ライフ・バランス】について

☆3V
Vision・・・ビジョンを明確にしていますか?
View・・・ものの見方・捉え方が柔軟ですか?
Victory・・・成功するための具体的な行動をしていますか?
ビジョンで夢をかなえたい、仕事で抜き出たい、キャリアを活かしたい
・・・そんなあなたを応援するのが「3Vの成功法則」です。

☆ワーク/ライフ・バランス
仕事と私生活をバランスよく両立させることです。
クラーク・フューチャー・コンサルタンツは
仕事でも私生活でも自分らしく輝く
あなたを応援しています。


┏★ クラーク・フューチャー・コンサルタンツのWebサイトは
┃ ==> http://www.clarkfuture.com/
┃★ 赤木美香ブログ「Believe Yourself」
┃ ==> http://ameblo.jp/akagi-mika/
┃★ ブログ「クラークの書棚から」
┃ ==> http://ameblo.jp/clark-book/
┃★ ご意見・お問い合わせ、メールニュース登録変更・解除は
┃ ==> cfc-info@clarkfuture.com
┗★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
(c) Clark Future Consultants , 2011 不許複製