■■3V ワーク/ライフ・バランス■■■■■■■■■■■■■■■ Vol.194■■

 \ ★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ─ ★・ 出逢う人で、自分は磨かれる!
  /★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■クラーク・フューチャー・コンサルタンツ有限会社 2010/11/5■■


     ク┃ ラ┃ー┃ ク┃の┃書┃棚┃か┃ら┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

躾は身を美しくと書く。それが見かけの美しさではなく、
 心身ともに節度をもって、他人と接することができるようになるための
  リズム感を育てることを意味しているのは言うまでもない。
   人づきあいの基本はリズム感にあるのだ。

「人脈の極意」 (橋本 保雄著 大和出版) p140より


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
CFCの赤木美香です。
あっという間に11月。今年もあと2ヶ月ですね。
この2ヶ月、あなたはどのようにお過ごしになる
予定ですか。

私たちの学びは日常にあります! 
と、前のメールでお伝えいたしました。
そして、更に・・・、
私たちはどんな人に、どんな機会に出逢うか、
それをどう捉えるか、で、『自分』の有り様が
大分変わると言われています。

この人嫌だな~!
反面教師にして、自分は気をつけていこう!
小さな頃から、よく教えられてきました。

そして、更に、自分を映し出す鏡とも言われます。
相手の嫌なところが気になる、これは、自分の反映であると。
自分で気づいているか否かは別に、
相手の嫌なところは自分も持っていると言います。
ただし、すでに表に見えるか内在しているかはわからない。
また、相手のいいなあと思うところも同じで、
自分もそのよいところを持っていると言われます。

例えば、『あの人、気が利くね!』と思ったとします。
これは、自分が気が利く範囲で相手の気が利くレベルが
わかります。
気が利かないと一般的に言われる人には目の前の人が、
気が利くか否かは、全くわからないのです。

あの人いいなあ、あの人嫌だなあ、
こう思ったときは、自分を知るチャンスです!

最後に、出逢う人で自分が成長するとも言われます。
仕事で、見たくない、話したくない人が目の前に
来たらどうしますか。
嫌だ!と逃げますか。

このときです!

・仕事だから、苦虫かみつぶした顔ででも接しますか。
・相手を嫌だと思い、考えるだけで暗くなる~、
と自分の内面までも暗くしますか。
・相手は嫌だけど、仕事! と割り切り、乗り越えますか。
・今は我慢し、後で友達に愚痴り気晴らしをしますか。
・知っているところは嫌だけれど、きっといいところもあると、
この人の良さを探しますか。
・嫌だから、相手に怒鳴り声を上げたり感情をそのまま出す


私たちが、目の前で起こる出来事にどう対処するか。
何通りもの選択肢があります。
私の経験では・・・。
こういうときはこうするべき。
○○の役職ならこうするべき。
この考えで、全ての答えを出そうとすると、
限界、決まった範囲の答えしかでなくなる可能性があります。

出来事を、目の前の人をあるがままに捉えることが
あなたはできますか。

自分が何に捉われているか。
どんなこだわりに縛られているか。
思考のくせ。

『自分』、といい様々なことが、出来事がおこるたびに、
自分を知るチャンスです。
言い換えると、
自分の無意識の対応を知ることが出来ます。

高学歴で仕事ができる人がいたら、
自分はどう対応しているでしょう。
でも、その人の人間性が問題ありだったら、
自分は、どう対応しているでしょう。
高校しかでていないけれど、仕事の実績を作り、
こつこつと真面目に仕事をしている人がいたら、
自分は、どう対応しているでしょう。
高校出で、いつも言葉遣いも悪く、態度も真面目さなど
見えない人には、自分はどう対応しているでしょう。

自然に、自分の中のいい悪いのさじ加減がわかったり、
他の人に影響を受けやすい自分がいたり、
怒りやすい、怒りやすい自分を発見したり、
人を見下し、自分を高く見せようとする自分を発見したり・・・。

様々な学び、大切にして、毎日を過ごせたらいいですね。

[CFC 赤木美香]


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3V ワーク/ライフ・バランス Vol.194 INDEX】
┃ 1.幼保一体化の政府原案、まとまる
┃ 2.クラークの書棚から
┃ 3.編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.幼保一体化の政府原案、まとまる

2013年度からの施行を目指す、幼保一体化に関する政府原案が
11月1日、報道により明らかになりました。

現在の幼稚園と保育所の制度は、新たに創設する「こども園」に一本化
されます。
幼稚園は文部科学省所管の「教育施設」であり、
保育所は厚生労働省所管の「児童福祉施設」で、共働きなどの家庭で保育
できない世帯を対象していましたが、新制度で「こども園」は両親の就労に
関係なく、教育・福祉両方の性格を提供する施設と位置づけます。

本年6月の「基本制度案要綱」から、大きく変わった点は以下になります。
・現行制度を廃止し、現在の幼稚園と保育所はこども園にすべて移行
・移行猶予期間は「10年程度」とする

6月の段階で現行制度の扱いについては明言が避けられてきましたが、
10年をメドに、すべて教育・福祉のサービスを提供する「こども園」に
施設が移行することが骨子として、明らかになりました。

ただし、いまだ不透明な部分も数多くあります。
利用価格については、原則として国が運営経費を決める公定価格導入が前提で、
いくつかに区分される利用時間設定によって、変わります。
所得に応じた保護者負担額も現行の保育所の公定価格が継承されます。
しかしながら、幼稚園は入学金や保育料などを事業主が自由に決められて
いたのに配慮し、私立幼稚園などからの移行の際に、自由裁量も
ある程度認めるようにされる考えと、数多くの例外が生まれそうです。

待機児童の減少のために、多様な事業者の参入をどのようにうながすのか、
財源である国・自治体の補助金や、企業の拠出金などによる「子ども・子育て
勘定」(仮称)、施設の面積基準や、園職員の質など、サービスのレベルの確保
など、明確には示されておらず、検討段階の状態です。

最新の検討状況については、下記に公表されています。
子ども・子育て新システム検討会議
子ども・子育て新システム検討会議
・作業グループ
http://www8.cao.go.jp/shoushi/10motto/08kosodate/wg/youho/k_2/index.html
・幼保一体化ワーキングチーム
http://www8.cao.go.jp/shoushi/10motto/08kosodate/wg/youho/k_2/index.html

また6月の改革案をまとめた以前のメールニュースはこちらから。
2010/9/3 Vol.187 http://www.clarkfuture.com/mailnews_vol187.txt

[CFC 清水]

※以前のメールニュースでは「幼保一元化」としていましたが、
政府の表現にならい「幼保一体化」としております。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2.クラークの書棚から

「人脈の極意」 (橋本 保雄著 大和出版)

[著者プロフィール]
橋本 保雄(やすお)氏:
1931年生。山の上ホテル勤務を経て、1961年設立準備中のホテル
オークラに移り、89年専務取締役、95年には副社長に就任し、
オークラの顔として、長くオークラの顧客サービス向上に努めた。
ホテル業界のリーダー的存在でホスピタリティの神様として
知られた人物で、NPO法人「日本ホスピタリティ推進協会」の
理事長を務めた。著書は数十冊に及んだ。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★3.編 集 後 記

女子バレー日本代表が5連勝でリーグ首位突破、
日本シリーズやナビスコカップ決勝は熱闘の延長戦、
それを上回る視聴率の早慶戦が盛り上がり、
文化の日は「スポーツ」満載の1日でした。
私も今週末は、御殿場でフットサルをしてきます!

今週も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!!

[CFC 清水]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ビジネスリーダーズアカデミーについて

日刊工業新聞社様主催の夜間セミナーに、
弊社代表赤木が、月2回開講しています。
事業所単位のお申し込みになりますが、
月額制で、複数人、すべての講座を受けることも可能です。
↓ 詳しくはこちら ↓
http://www.kibanken.jp/business/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★【3V ワーク/ライフ・バランス】について

☆3V
Vision・・・ビジョンを明確にしていますか?
View・・・ものの見方・捉え方が柔軟ですか?
Victory・・・成功するための具体的な行動をしていますか?
ビジョンで夢をかなえたい、仕事で抜き出たい、キャリアを活かしたい
・・・そんなあなたを応援するのが「3Vの成功法則」です。

☆ワーク/ライフ・バランス
仕事と私生活をバランスよく両立させることです。
クラーク・フューチャー・コンサルタンツは
仕事でも私生活でも自分らしく輝く
あなたを応援しています。


┏★ クラーク・フューチャー・コンサルタンツのWebサイトは
┃ == http://www.clarkfuture.com/
┃★ 赤木美香ブログ「Believe Yourself」
┃ == http://ameblo.jp/akagi-mika/
┃★ ブログ「クラークの書棚から」
┃ == http://ameblo.jp/clark-book/
┃★ ご意見・お問い合わせは
┃ == cfc-info@clarkfuture.com
┗★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
(c) Clark Future Consultants , 2010 不許複製