■■3V ワーク/ライフ・バランス ■■■■■■■■■■■■■■■Vol.199■■

  \ ★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ─ ★・ 1年間の感謝をこめて
   /★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■クラーク・フューチャー・コンサルタンツ有限会社 2010/12/28 ■


     ク┃ ラ┃ー┃ ク┃の┃書┃棚┃か┃ら┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

最大の経営資源は、「智恵」であり、「知識」である。
 そして、その「智恵」と「知識」を生み出していくのは
  「人間」であり、その「人間」を活かすのが
   「企業文化」である。

『複雑系の経営』
 (田坂 広志著 東洋経済新報社) p60より

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、こんにちは。
今年も弊社メールニュースをお受け取りいただき
有り難うございました。

歳を重ねる度に、一年の過ぎるスピードの速さが増す
ように感じます。今年もあと4日ですね。

あなたに取って、今年は、
自分の人生にとり、どのような位置付けになったのでしょうか。

今年は弊社に取って、様々な関係者様のお力をたくさん
頂きました。ありがとうございました。
パートナー会社様やお客様、様々な方々に
感謝ばかりしてしまいそうです!
もちろん、全てが上手くいったわけではありませんが、
しかしながら、プラスもマイナスに感じる出来事も
そこからの学びをいただきました。
やらなかったら、得られなかった。だから感謝!

研修や講演を担当させていただくと、
『先生』と呼ばれることも多いのですが、
実は、私が受講者の方々から多くを学ばせて
いただいております。

数ヶ月に何度かお目にかかる方もおりますが、
ほとんどの方は、一期一会。
だから、その一期一会に全力投球しています。

昨日、今年最後の研修を終えました。真摯に学ぼうとされる
受講者の方々の姿勢に、
何かを学び取り、目色が、目力が変わっていく方々を
見させていただくと、毎回、人の可能性を感じます。

気づけばどんどん伸びる。

『まだ知らない未知なる私』に、出会ってほしい。

また来年も、精一杯尽力して、『未知なる私』への遭遇に
微力ながら貢献できたらと思います。

一年、ありがとうございました。

[CFC 赤木美香]


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3V ワーク/ライフ・バランス Vol.199 INDEX】
┃ 1.ママの「不安」は、子どもの「安全」
┃ 2.クラークの書棚から
┃ 3.日経WOMAN記事掲載
┃ 4.ビジネスリーダーズアカデミー
┃ 5.編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.ママの「不安」は、子どもの「安全」

小学館の『小学一年生』編集部が、
「入学にあたり心配事や不安事の意識調査」を来年2011年度に
小学校へ入学する子どもを持つ500名の母親に行いました。

「とても不安・心配」と「やや不安・心配」と回答された結果は
このようになりました。
(カッコ内は「とても不安・心配」の全体からの回答率)

・交通事故にあうこと             94.8%(61.4%)
・犯罪や事件に巻き込まれること   94.0%(52.2%)
・登下校時の安全                 89.2%(44.0%)
・いじめ                         87.4%(38.0%)
・担任の先生との相性             82.6%(28.6%)
・ケガや病気                     72.0%(23.2%)
・学校で友達ができるかどうか     68.6%(24.8%)
・勉強についていけるかどうか     67.8%(27.0%)
・学校になじめるかどうか         67.2%(24.4%)
・落ち着いて、集中して授業をうけることができるかどうか
                                 65.0%(24.6%)
・生活のリズムの変化             61.2%(19.4%)
・学校に行く支度や準備が(一人で)できるかどうか
                                 59.0%(17.8%)
・一緒に登下校する仲良しの友達がいないこと
                                 57.6%(18.4%)
・あいさつや言葉づかい           55.6%(12.0%)
・学校に行きたがるかどうか       55.2%(17.6%)
・朝、小学校に間に合う時間に起きることができるかどうか
                                 54.6%(20.4%)
・迷子になること                 54.2%(17.4%)
・一緒に登下校する兄弟姉妹がいないこと
                                 53.0%(19.2%)
・(現在)子どもの仲良しの友達が同じクラスになるかどうか 
                                 51.6%(13.4%)
・給食やお弁当をきちんと食べてくれるかどうか
                                 48.4%(18.6%)
・トイレ(のしつけ)               30.8%( 8.8%)

上位3位は、安全・防犯に関わることで、この質問に1つ以上
不安とした母親の割合は、97.4%にのぼります。

同じ項目で、「最も心配なこと・不安に感じていること」を
質問した結果では、
1位:登下校時の安全               21.4%
2位:いじめ                       15.0%
3位:犯罪や事件に巻き込まれること 13.6%
4位:交通事故にあうこと      8.2%
となり、「登下校時の安全」は5人に1人の母親が、
また安全・防犯に関わる「心配」が上位をしめる結果と
なりました。

それでは、対応については、どう評価しているのでしょうか。

(A)十分な対応をしていると思う   (満足している)
(B)ある程度は対応をしていると思う(満足している)
(C)あまり対応していないと思う    (満足していない)
(D)ほとんど対応していないと思う  (満足していない) 
の回答で、
      (A)   (B)   (C)  (D)
小学校:   5.4%   66.2%   26.0%   2.4%
警 察:   4.0%   46.0%   43.4%   6.6%
自治体:   5.6%   59.4%   31.4%   3.6%
地域社会: 8.0%   58.2%   26.0%   2.4%

相対的に、警察の対応への評価の低さが目立ちます。

約半数の250人が不満足とした警察に期待することは、
「子どもの通学路や遊び場所などの巡回を実施」(56.4%)
「通学路の危険箇所など安全について子どもに指導する」(48.8%)
「不審者情報などを、すぐ親に知らせてくれる
 システム・サービス」(46.0%)
「警察や地域社会、自治体が子どもの安全に関する
 連携体制をつくる」(44.0%)
となっています。

出典:子どものための安全防犯大百科
   http://family.shogakukan.co.jp/special/safety/

[CFC 清水]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2.クラークの書棚から

『複雑系の経営』 (田坂 広志著 東洋経済新報社)

[プロフィール]
田坂 広志氏:
1951年生。東京大学工学部卒。工学博士。
三菱金属、バテル記念研究所客員研究員、日本総研取締役など
を経て、2000年より多摩大学教授。
本書は1997年初版。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★3.日経WOMAN記事掲載

日経WOMAN 2011年1月号(12/7発売号・日経BP社刊)に、
弊社代表 赤木にインタビュー記事が掲載されました。
~「学び」には「ビジョン」が必要です~
弊社Webサイト、マスコミ掲載欄からもご覧いただけます。
↓         ↓
http://clarkfuture.com/menu06_13.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★4.ビジネスリーダーズアカデミーについて

日刊工業新聞社様主催の夜間セミナーに、
弊社代表赤木が、月2回開講しています。
事業所単位のお申し込みになりますが、
月額制で、複数人、すべての講座を受けることも可能です。
↓ 詳しくはこちら ↓
http://www.kibanken.jp/business/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★5.編 集 後 記

本年最後のメールニュース、ご縁があり、お世話になった皆々様に、
この場を借りて、御礼申し上げます。ありがとうございました。
2011年は、200号からスタートします。
来年も宜しくお願い致します。良いお年をお迎え下さいね!

今年も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

[CFC 清水]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★【3V ワーク/ライフ・バランス】について

☆3V
Vision・・・ビジョンを明確にしていますか?
View・・・ものの見方・捉え方が柔軟ですか?
Victory・・・成功するための具体的な行動をしていますか?
ビジョンで夢をかなえたい、仕事で抜き出たい、キャリアを活かしたい
・・・そんなあなたを応援するのが「3Vの成功法則」です。

☆ワーク/ライフ・バランス
仕事と私生活をバランスよく両立させることです。
クラーク・フューチャー・コンサルタンツは
仕事でも私生活でも自分らしく輝く
あなたを応援しています。


┏★ クラーク・フューチャー・コンサルタンツのWebサイトは
┃ ==> http://www.clarkfuture.com/
┃★ 赤木美香ブログ「Believe Yourself」
┃ ==> http://ameblo.jp/akagi-mika/
┃★ ブログ「クラークの書棚から」
┃ ==> http://ameblo.jp/clark-book/
┃★ ご意見・お問い合わせ、メールニュース登録変更・解除は
┃ ==> cfc-info@clarkfuture.com
┗★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
(c) Clark Future Consultants , 2010 不許複製