■■3V ワーク/ライフ・バランス ■■■■■■■■■■■■■■■Vol.211■■

\ ★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ─ ★‥ メリークリスマス♪
/★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■クラーク・フューチャー・コンサルタンツ有限会社 2011/12/22 ■


    ク┃ ラ┃ー┃ ク┃の┃書┃棚┃か┃ら┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

お客さまに対しへりくだり召使いのように接するのではなく、
 同じ目線、同じ感性で紳士淑女同士として信頼関係を築くことこそが、
  誠意あるおもてなしにつながっていくのです。
   対等という意識を持つことで、おのずと立ち居ふるまいや行動、
    人として生きる姿勢にも誇りが備わっていくはずです。

『リッツ・カールトン 20の秘密』
(井上 富紀子 リコ・ドゥブランク著  オータパブリケイションズ)


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
寒い日が続いておりますが、お元気でお過ごしですか?
クリスマスの3連休は、全国的に荒れ模様のお天気だそうです。
お天気、寒さに気をつけて、素敵なクリスマスを
お迎えくださいね。


今年は、「絆」、「がんばろう日本」、「トモダチ作戦」、が
流行語にノミネートされるなど、
多くの方々が人のためにご自身ができることを考え、実践されておりました。
改めて、人の心と心のつながりを、実感し、
一層考えるようになった一年であったかと思います。
日常生活や家庭、学校、職場、社会において、
改めて人が人を大切にする心を気付かせ、
人として大切な心を育むことの大切さに気付かされました。
また、当たり前がそこにあることへの大切さ、ありがたさを
再認識することが多々ございました。

互いに相手を気づかい、思いやりの心を持つ大切さは、
日本では、昔から大事にされてきた考え方のような気がいたします。

「茶道の精神はおもてなしの心」
このような言葉を聞かれたことがある方もいらっしゃるかと存じます。

茶道のおもてなしの心は、
茶席で触れ合う相手や大切な人に対する「気づかいの心」。
茶席に会する人たちに、最高の舞台をしつらえて、
その場所、その時の環境に合った演出をもって、
あらゆることに気配りや心づかいをすることを言うそうです。

茶道のおもてなしの心について、
こんなお話がございますので、紹介させてください。

茶聖とも称された千利休が
「茶道とは何ですか?」と尋ねられた際、
基本となる心得として答えた時のお話。
「利休七則」と呼ばれるものです。


[利休七則]
一、茶は服のよきように点て、
二、炭は湯のわくように置き、
三、花は野の花のように生け、
四、冬は暖かに夏は涼しく、
五、刻限は早めに、
六、降らずとも雨の用意、
七、相客に心せよ。

尋ねた人は、これを聞いて、
「そんなことくらい、赤子でもわかっております」 と
怒りながら言いました。


直訳するとこのようになります。

お茶は飲みやすいようにたて、
炭はお湯が沸くように準備し、
花は野にあるように生けて、
冬は暖かく、夏は涼しく感じるように、
時間にはゆとりをもって
降らずとも雨の用意をし、
同席したお客に心を配りなさい

確かに当たり前のように、感じますね。
利休の真意はなんだったのでしょうか。

少し考えていただけると嬉しいです。
答えは後半で♪

[CFC 清水 将人]


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3V ワーク/ライフ・バランス Vol.211 INDEX】
┃ 1.ホスピタリティ・マインドを高めるということ
┃ 2.クラークの書棚から
┃ 3.編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.ホスピタリティ・マインドを高めるということ

先程の「利休七則」、利休の7つの心得を聞いて、
尋ねた人は「当たり前」じゃないか、と憤慨したところまで、
お話いたしました。

すると利休は、
「わかっていてもできないのが人間ではないですか。
あなたが本当にできるならば、私があなたの弟子になりましょう」
こう言ったそうです。

「その当たり前がしっかりできているのか」とたしなめたのです。

尋ねた人はきっと、目新しく、もっと真を得た言葉と言うのを
期待していたのでしょう。

しかし、当たり前のことが一番大切で、それをできている状態が
肝である、そう伝えたかったのかもしれません。

確かに、「知っている」ことと「できている」状態は違います。
「知っている」ことを、少しでも多く「できている」、
「習慣化している」ことが大事であることは、
弊社の研修でも、お伝えしていることでもございます。

利休七則のエピソードは以上なのですが、
実は、一般的な解釈を聞いてみると、また違った見方ができるのです。


一般的な解釈は、次のようになります。
 (解釈については、色々な捉え方がございますので、
  一例として、ご覧いただけましたら、幸いです。)

「茶は服のよきように」
→お茶はよく考えて、丁度良く点てよ
 解釈:お客様がおいしくお茶を飲めるように点てなさい。
    つまり、物事を行うには、相手の気持ち、状況を考えなさい。

「炭は湯の沸くように」
→どうやったら湯がきちんと沸くかどうか、炭の置き方、
 量の準備を行え
 解釈:お客様の前で、きちんとお湯を沸かせるためには、
    充分な準備が必要。
    つまり、準備、段取りは、よく考え、要点を押さえて行いなさい。

「花は野にあるように」
→花は野原にあるように
 解釈:野原に花があるように、しっかりと本質を見極め、
    知るようにしなさい。

「夏は涼しく冬暖かに」
→夏は涼しく感じ、冬は暖かく感じるように
 解釈:温度などの調節はできなくても、「音や色」などで
    場を演出することで、快適な気持ちを覚えることができる。
    もてなしは、相手を気遣い、想う心で行いなさい。

「刻限は早めに」
→時間にはゆとりをもって
 解釈:時間に遅れないことは言わずもがな。
    時間にゆとりを持つことで、心にも余裕ができる。
    もてなす相手のために、自分自身がゆとりを持てるようにしなさい。

「降らずとも傘の用意」
→お客様のために、降らなくても傘の用意を
 解釈:お客様を常に思いやり、自分が不測の事態を想定して
    備えておきなさい。

「相客に心せよ」
→同席したお客様に気を配りなさい
 解釈:同じ場所に居合わせたら、お互いに気遣い、思いやる心と
    感謝の気持ちを持ちなさい。


心得を果たすためには、事前に何をしておく必要があるのか、
心得が達成できれば、結果として何につながるのか、
短い心得のなかには、言葉以上の意味がこめられているのに、
お気づきになられたのではないでしょうか。

また、すべての心得が、同席した「お客様が○○できるように」と
「お客様」目線で、語られていることに
気づかれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最後の「相客に心せよ」には、もっと踏み込んだ解釈もあります。
茶道には、「一期一会」の精神が根底にあり、
一生に一度しか会う機会が無いような不思議な縁という意味で、
「出逢いを大切にすること」が説かれます。
しかし、茶会では、親しい友人や家族でも皆「相客」です。
見馴れた物にも新鮮な気持ちでいること、親しい関係にも
なおざりな態度をとったりしないで、その縁を大事にする。
初めて会った人を気遣うことは大事ですが、
そうではない人にも同じように気を配ること、
日常の当たり前のことや、近しい人を思いやり、感謝する、
先ほど申し上げた、日常生活や家庭、学校、職場、社会において、
改めて人が人を大切にする心と共通いたします。

もう一つ興味深い解釈を付け加えてお話申しあげます。
七つ目「相客」は相向かう客ではなく、互いの客、
つまり主語を茶会の主人が向かうお客様ではなく、
同席したお客様方同士として、捉える解釈もあります。
お客様同士がともに、互いに気づかい、尊敬し合うこと、
また主人がお客様同士が気づかえる場をつくること、
そうして共に楽しいひと時を過ごせるようにする、
これもとても大切な心得ですね。

さて、弊社では、すべての研修をホスピタリティ研修と
銘打っております。
「ホスピタリティとは何?」とご質問をいただくことが、
多々ございます。
最近、少しずつ聞かれるようになってきた言葉ですが、
まだまだご存じでなかったり、漠然としたイメージを
お持ちの方もいらっしゃいます。

ホスピタリティの語源は、ラテン語の"hospice" (お客様などの保護)が、
変化し、"hospitality" となったもので、
お客様を迎える場所、歓待が元の意味だと言われています。
hospital (病院)、hotel(ホテル)などの言葉もその派生語とされています。
一般的には、おもてなし、思いやりと訳され、
さらには、心の篭ったもてなしや、歓待の精神を意味します。

ホスピタリティは、今回ご紹介した茶道のおもてなしの心に
つながるものがございます。

相手を気づかい、思いやりの心を持つことが、
人と人との間で、大切な気持ちであることをお話して参りました。
常に、思いやりの心を根っこに持ちつづける、思いやりの心で接する、
どんな研修テーマであっても、そのことをお伝えをしていく、
弊社では、そういった想いで「ホスピタリティ」を大事にし、
ホスピタリティ研修をご提供しております。

お客様目線で、お客様のために、一つ心得を考える、
今実際やっておられることでも、新年を機にやろうと思うことでも。
お客様が○○できるために、あなたは何をしましょうか?

[CFC 清水 将人]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2.クラークの書棚から

『リッツ・カールトン 20の秘密』
(井上 富紀子 リコ・ドゥブランク著  オータパブリケイションズ)
 p31より

[著者プロフィール]

井上 富紀子氏:
エッセイスト。1951年岐阜県生。
平安女学院短期大学卒業後、レディース・アパレルメーカー入社。
2005年、ザ・リッツ・カールトンホテルと出会い、
2006年より、ザ・リッツ・カールトンホテルLLC公認親善大使。
ザ・リッツ・カールトン東京オープンの際のファーストゲスト。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★3.編 集 後 記

大変遅ればせながらこの冬、ヒートテックデビューしました。
お風呂後に着て、一層の効果を実感。
いつまでもぽかぽかとしていて、ずっと心地よいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

[CFC 清水 将人]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★年末年始営業日のご案内

本年度の年末年始につきましては、誠に勝手ではございますが
下記のように営業いたします。

年内営業 :2011年12月28日(水) 17:00まで
休業期間 :2011年12月29日(木)~2012年1月5日(木)
年始営業 :2012年 1月 6日(金) 10:00より


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★【3V ワーク/ライフ・バランス】について

☆3V
Vision・・・ビジョンを明確にしていますか?
View・・・ものの見方・捉え方が柔軟ですか?
Victory・・・成功するための具体的な行動をしていますか?
ビジョンで夢をかなえたい、仕事で抜き出たい、キャリアを活かしたい
・・・そんなあなたを応援するのが「3Vの成功法則」です。

☆ワーク/ライフ・バランス
仕事と私生活をバランスよく両立させることです。
クラーク・フューチャー・コンサルタンツは
仕事でも私生活でも自分らしく輝く
あなたを応援しています。


┏★ クラーク・フューチャー・コンサルタンツのWebサイトは
┃ ==> http://www.clarkfuture.com/
┃★ 赤木美香ブログ「Believe Yourself」
┃ ==> http://ameblo.jp/akagi-mika/
┃★ ブログ「クラークの書棚から」
┃ ==> http://ameblo.jp/clark-book/
┃★ ご意見・お問い合わせは
┃ ==> cfc-info@clarkfuture.com
┗★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

(c) Clark Future Consultants , 2011 不許複製