■■3V ワーク/ライフ・バランス ■■■■■■■■■■■■■■■Vol.212■■

\ ★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ─ ★‥ 2011年、今年にありがとう!
/★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■クラーク・フューチャー・コンサルタンツ有限会社 2011/12/28 ■


    ク┃ ラ┃ー┃ ク┃の┃書┃棚┃か┃ら┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

イヤな事が起こるとイヤな事を考えるでしょう。
 そうするとね、またイヤな事が起こるの。
  不幸は重なるというけれど、
   それは、間違いなくこの世の法則なのよ。
だけど、そこで「ありがとう」と言うとね、
 その不幸の鎖が裁ち切れちゃうのよ。
  それだけではなく、逆に良い事が起こっちゃうの。
   「災い転じて福となす」という言葉があるでしょう。
     どんな不幸と思われる現象も、幸せと感じる状況に変えてくれる。
      絶対にね。

『ツキを呼ぶ魔法の言葉』(五日市 剛氏 講演筆録より)


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんばんは、CFCの赤木美香です。
日本列島、寒い冬ですね。
続く寒さで風邪をひいたり、予想以上早く、
インフルエンザにかかる方が多いと聞きます。
十分ご注意くださいませ!!
雪がたくさん降っている地域の方は、雪かき大変そうですね。


今年も、あと数えるくらいで一年が終わりますね。
今年は、3月11日の大震災、タイの大洪水、各国の地震、
様々な災害、有事がありました。
ただ、事象として見ることに加え、そこから何を学ぶか、
今、私たちは問われていると思います。

例えば、節電とこの寒さ、どうするか?
毎日、このことを考える時間があります。
どこの電気を使わないでいられるか・・・と考えて、電気を使っています。
一般家庭では、まだ電力会社を選べませんから、
限られた総電力の中で頑張るしかありません。


でも、そんな時、
ブータンと言う中国とインドに挟まれた国の国王が、
新婚旅行で日本を訪れ、話題になりました。
震災直後3日後でしたでしょうか、
100万USドル(8000万円)を、即座に送金してくださったと言います。

ブータンは何で有名かと言うと、
「国民総幸福量」(英: Gross National Happiness, GNH)
今から40年前の1972年に、
ブータン国王ジグミ・シンゲ・ワンチュクが提唱した、
「国民全体の幸福度」を示す“尺度”のことです。
国民総生産 (GNP)で示されるような、
金銭的・物質的豊かさを目指すのではなく、
精神的な豊かさ、幸福を目指すべきという考え。

ブータンでは、昔日本にもたくさん見られた風景が、
まだあちこちで見られます。
学校(小学校~高校、多分大学も)、医療が基本無料と言う
ニュースを見ました。
教育と医療は「国民が公平に受けられることが大切!」と、
国王が決めたと言います。
2005年5月末に初めて実施されたブータン政府の国勢調査で、
「あなたは今幸せか」という問いに、
45.1%が「とても幸福」、51.6%が「幸福」と回答。
96.8%の国民が「幸福」を感じているわけです!

家族で一緒にいられることのありがたさ、
国王が自分たちを考えてくれる政策をとってくれることへの感謝など、
国民には、笑顔があふれている。
もちろん、国際化の流れ、若者の娯楽の近代化が、
全くない訳ではありません。
だから、政府はその「国民総幸福量」がキープできるよう、
政策をシステム化しているとか・・・。

なぜ、ブータンを話題に出したかと言うと、
今、我が国では、原発だ! 節電だ! と声高に叫ばれていますが、
ブータンでは、身の丈を知った生活をしているから、
そういった心配はないのでしょう。
しかし、こうして自国内で問題ない国も、隣国や他の国の原発による
大気汚染などに苦しむこともあるのかな・・・、
理不尽だな・・・、と。

発展している日本が今から、ブータンのような素朴な国家になることは
難しいかもしれません。
でも、人の心根の部分については、学びが大きいと思います。

東北の大震災でも、多くの学びを得ました。
こうして「寒さ」を強調する天気予報を見るたびに思い出します。
震災直後、東北の地は、3~4度でしたか、
とても寒い毎日を送られていました。
津波に遭われた方は、濡れた服でこの気温の中、過ごされた訳です。
世界からは賞賛されましたが「耐える」力のすごさを感じます。
その後の復旧・復興の道においても、尽力されている方々のお姿、
沢山見ました。
それを支援している方もたくさんおられました。

毎日の新聞で、政府や東電バッシングがすごいですね。
それも大事。

でも、私たち自身が電気とどう向き合っていくか、
どう生活をしていくことが、私たちの「総幸福量」を増やせるのか、
少しこの年末考えてみるのもいいですね。

当たり前が当たり前にあることが、幸せと、
たくさんの方々の口から聞こえてきました。

では、少し「私の当たり前」って何か、考えてみましょうか♪

あなたは、今年2011年、何に「ありがとう」を言いますか?

10個の「ありがとう」を言ってみてください♪

今年一年、様々お世話になりました。
素敵なお年をお迎えくださいませ(^-^)

クラーク・フューチャー・コンサルタンツ
代表取締役 赤木美香


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3V ワーク/ライフ・バランス Vol.212 INDEX】
┃ 1.クラーク・フューチャー・コンサルタンツの研修プログラム(一例)
┃ 2.クラークの書棚から
┃ 3.編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.クラーク・フューチャー・コンサルタンツの研修プログラム(一例)

私たちは、創業から12年、
企業や大学における人財の皆様へ、下記のようなプログラムを通じて、
能力開発のお手伝いをして参りました。
2012年は更にブラッシュアップして、お役にたてるよう、
精進して参りたいと存じます。


□1:セルフマネジメント ~プロフェッショナル人財の育成~
  (自らモチベーションを維持し、主体的に行動できる人財の育成)
 ・信頼される社会人のためのビジネスマナー研修
 ・ホスピタリティ・コミュニケーション研修(自己理解・自己分析)
 ・自己リーダーシップ・モチベーションアップ 研修
 ・ストレス・マネジメント (ベーシック)
 ・キャリア・ビジョン構築と行動計画研修 ~3Vの成功法則~

□2:ホスピタリティ・サービス ~CS推進、お客様満足をお客様感動へ~
 ・サービス・マナー向上研修
 ・ホスピタリティ・マインド向上研修
 ・ホスピタリティ・コミュニケーション(お客様満足向上)研修
 ・ビジョン & 行動 研修
 ・トレーナー育成研修

□3:ホスピタリティ・マネジメント ~個々の力を活かして組織を強くする~
 ・ダイバーシティ / ワーク・ライフ・バランス
 ・女性リーダーのためのマネジメントプロセス研修
 ・多様な行動傾向対応研修 (DiSC研修)
 ・女性活躍推進のための管理職研修
 ・リーダーシップ&マネジメントスキル研修

 [人財能力開発事業部 清水将人]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2.クラークの書棚から

『五日市 剛さんの ツキを呼ぶ魔法の言葉 講演筆録』
(とやの健康ヴィレッジ) p19より

[プロフィール]

五日市 剛氏
1964年7月、岩手県二戸市生。工学博士。
学生時代のイスラエル旅行の体験などを語った講演録(本書)は、
口コミで、120万部を超えるベストセラーとなっている。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★3.編 集 後 記

年末年始は、帰省などでの長距離のご移動や、
初詣などで、人の多いところへいらっしゃる方も多いかと存じます。
風邪などにはお気をつけて、よいお年をお迎えください。

来年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。

[CFC 清水 将人]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★年末年始営業日のご案内

本年度の年末年始につきましては、誠に勝手ではございますが
下記のように営業いたします。

年内営業 :2011年12月28日(水) 17:00まで
休業期間 :2011年12月29日(木)~2012年1月5日(木)
年始営業 :2012年 1月 6日(金) 10:00より


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★【3V ワーク/ライフ・バランス】について

☆3V
Vision・・・ビジョンを明確にしていますか?
View・・・ものの見方・捉え方が柔軟ですか?
Victory・・・成功するための具体的な行動をしていますか?
ビジョンで夢をかなえたい、仕事で抜き出たい、キャリアを活かしたい
・・・そんなあなたを応援するのが「3Vの成功法則」です。

☆ワーク/ライフ・バランス
仕事と私生活をバランスよく両立させることです。
クラーク・フューチャー・コンサルタンツは
仕事でも私生活でも自分らしく輝く
あなたを応援しています。


┏★ クラーク・フューチャー・コンサルタンツのWebサイトは
┃ ==> http://www.clarkfuture.com/
┃★ 赤木美香ブログ「Believe Yourself」
┃ ==> http://ameblo.jp/akagi-mika/
┃★ ブログ「クラークの書棚から」
┃ ==> http://ameblo.jp/clark-book/
┃★ ご意見・お問い合わせは
┃ ==> cfc-info@clarkfuture.com
┗★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

(c) Clark Future Consultants , 2011 不許複製