■■3V ワーク/ライフ・バランス ■■■■■■■■■■■■■■■Vol.197■■

  \ ★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ─ ★・ 未熟さが可能性!
   /★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■クラーク・フューチャー・コンサルタンツ有限会社 2010/12/13 ■


     ク┃ ラ┃ー┃ ク┃の┃書┃棚┃か┃ら┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

ひとつ際立ったよいイメージが印象づけられれば、
 そのほかの印象はかすんでしまい、
  結果、ポジティブなイメージのみが脳裏に刻まれます

『リッツ・カールトン20の秘密』
 (リコ・ドゥブランク著 オータパブリケイションズ) p104より

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。CFCの赤木美香です。
先週くらいから、朝晩の気温がぐっと下がりましたね。
皆様、お風邪などひかれていませんか?
我が家は、子供たちが風邪をもらってきて、鼻ぐすぐす・・・。
あやうくインフルエンザ! になりそうでしたが、風邪で終わりました。
子供が通っている園でも、2名、インフルエンザの方ががでたということ。
人にうつさない、人からうつらないように、注意したいですね。


◎日経WOMANに取材記事 掲載!(現在発売1月号)
日経WOMANの後ろのほうの学びを紹介するページに、
なぜ、学びが大切なのか取材を受け、掲載されました!
学び広告(PR)の冒頭で、なぜ学ぶことが大切かをお伝えしています。
取材で話したことの10分の1位の掲載でしたが、
こうして、学ぶことの大切さをお伝えできること、
本当にうれしく思います。

http://wol.nikkeibp.co.jp/article/magazine/20101203/109467/

◎日刊工業新聞
日刊工業新聞社主催のビジネスアカデミーで、
「ホスピタリティ・コミュニケーション」の講座を8月から担当し、
月2回完結のコースを5か月、終了しました。
また、1月以降も続けていきますよ!
講座が始まって間もないので、受講者は幸いにも少人数です。
受講者の方々をお一人お一人見ながらの講座ができるので、
とても有意義です。
「ホスピタリティ」という言葉は知っているけれど、
実際にどのようにコミュニケーションに活かしたらいいのか、
考えあぐねている方も多くいらっしゃるようです。
まずは、コミュニケーションスキルの実践に入る前に、
「ホスピタリティ」って何か、なぜ大事なのかを、
時間をかけて考えていきます。
おかげさまで、受講者満足度も高い評価をいただけて、
受講者の方の日頃の業務に、仕事への心構えをつくるに、
何か貢献できて幸せです!

http://www.kibanken.jp/business/

学びの場に毎日いると、学ぶとはっきりわかる
研修会場や本を読むなどの場面を、学びと考えている人が
多いことにとても驚きます。
前からメールニュースでも、お伝えさせていただいておりますが、
学びは、「いま」「ここ」にたくさんあります。

私はビジネスを始めて27年。大分長いキャリアになりました。
そして、研修や人財育成に携わるようになって17年。
ずっと、仕事をしながら、様々な学びを深めてきたように思います。
しかしながら、40代に入り、様々な驚くような出来事に囲まれた時、
それらの学びが活かされてきました。更に深く学びにつながりました。
頭でっかちな学びをしていると、このような言葉が頭に浮かんでくる。

こうであるはず・・・
こうでなければ・・・
ありえない・・・
なんでそんなことも分からないのか・・・

数式に数字を当てはめて説くような問題は、もちろん答えがいつもになる
ことはありません。しかしながら、仕事をしていると、答えは様々・・・
ということも多々あります。

(1)起こる出来事を、あるがままに受け取れますか?
いい出来事ならできるでしょう。では、嫌な出来事はどうですか?

(2)利己的な、自分勝手な考え方で、物事をうけとっていませんか?
相手のため、といいながら、本当は自分のためだけの行動では
ありませんか。

40代になって、初めて、「人間」を学び始められたように思います。
たくさんのこれまでの学びが本当に活きる「時」を
ようやく迎えることができたと思います。

まだまだ、1つの山に登れただけ。
この山が高いのか低いのか、まだ、もう少したたないと分からない。
ただわかったのは、未熟である私だからこそ、そこに可能性があること。

未熟は、不安や自信喪失の引き金につなげるのではなく、
成長のきざしとして、先につなげていくといいと思います(^-^)

[CFC 赤木美香]


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3V ワーク/ライフ・バランス Vol.197 INDEX】
┃ 1.「ホスピタリティ・コミュニケーション」研修
┃ 2.クラークの書棚から
┃ 3.編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.弊社研修のご案内:「ホスピタリティ・コミュニケーション」

本号より、弊社がご提供しているホスピタリティ研修について、
ご案内させていただきたいと思います。
(弊社のご提供する研修全般に、ホスピタリティ研修と銘打っております)

PRの一環というわけではなく、よく聞かれますので、
メールニュースで少し説明させていただこうと思います。

初回は、「ホスピタリティ・コミュニケーション」。
最近では、前述もしましたが、日刊工業新聞社様の夜間セミナーでも、
多くの方から大変なご好評いただいております。

ホスピタリティ・マインドを持ち、相手軸で良好な関係を
構築するためのコミュニケーション研修です。

まずは、「ホスピタリティ」とは何かを知ってもらうことを、
研修の根っこに入れて、更に簡単な具体的なワークから、
行動を伴っての理解につなげていきます。

相手を理解するために「聴く」
相手にわかりやすく「話す」
この基本、かつ一番大切なコミュニケーションの基礎を徹底的に
身体で覚えていただきます。
なぜ、この「聴く」「話す」が大切なのでしょうか。

「なぜ」が分かると、そのあとは誰が何も言わなくても行動していきます。
何のために、ホスピタリティ・マインドを持って、「聴く」「話す」を
するのか。

仕事をするうえで、「信頼関係」は基盤となります。
その信頼関係を築くために、このホスピタリティ・コミュニケーション
は不可欠です。
そして、実践していると、知らないうちに、相手の方との「信頼」を
得られていたりします。

意識して、「聴く」ことで、無意識に聞き流す、自分の考えだけでとらえる
ことが少し減ってきます。
相手の方の話をありのまま聴ける可能性がでてきます。

意識して、分かりやすく「話す」ことで、無意識に、
自分の伝えたいように、自分の価値観を表す言葉で話していることに
気づき始めます。

どのような対応が円滑なコミュニケーションを生むのか、
気づきを得ることで、自分に落とし込むことができることです。

★受講者の声★

☆「自分では気づかない特性に 改めて気づくことが多く、
 今後意識して行こうと思いました。」(男性)

☆「今まで受けた中で一番自分のなかに入ってきた気がします。
 これからに活かしていくことが いっぱいです。」(女性)

☆「相手の立場を考えて受け入れる余裕が、いかに重要か実感しました」
(女性)

☆「仕事だけでなく、日常生活にすぐに活かしてみます。」(男性)

☆「相手を変えるのでなく、自分が変わる。自分次第なんですね」(男性)

☆「熱意ある指導で、濃い内容を集中して学べました。」(女性)


また受講した多くの方から、もっと深く知りたい、学びたいとの
お声を頂戴し、本当に学ぶ姿勢の謙虚さや更なる可能性に気づかれた
受講者様の素晴らしさを感じております。

なぜ、今、ホスピタリティという言葉が注目されているのでしょうか。
なぜ、感謝や思いやりの心が大事だと言われているのでしょうか。

お客様や同じ会社の方との信頼関係を更に築くために、
是非、このホスピタリティ・コミュニケーションの学びを
深めていただけたら、とても嬉しく存じます。

働き方が変わります!
生き方が変わります!

[CFC 清水]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2.クラークの書棚から

『リッツ・カールトン20の秘密』 (リコ・ドゥブランク著)

[プロフィール]
リコ・ドゥブランク氏:
1964年オランダ生。ウォルト・ディズニー・カンパニーで
7つのホテル開業に携わり、95年リッツ・カールトン・ホテル・
カンパニーに入社。総支配人としては、大阪、2007年の開業から
2009年7月までリッツ・カールトン・東京で務める。
本書は2007年4月初版。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★3.編 集 後 記

今年も残すところ3週間を切りました。
やり残したこと・・・考える前にとりあえずやり始めてみることに
します。師走だけに、若輩者は全力疾走必要です^^;

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

[CFC 清水]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ビジネスリーダーズアカデミーについて

日刊工業新聞社様主催の夜間セミナーに、
弊社代表赤木が、月2回開講しています。
事業所単位のお申し込みになりますが、
月額制で、複数人、すべての講座を受けることも可能です。
↓ 詳しくはこちら ↓
http://www.kibanken.jp/business/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★【3V ワーク/ライフ・バランス】について

☆3V
Vision・・・ビジョンを明確にしていますか?
View・・・ものの見方・捉え方が柔軟ですか?
Victory・・・成功するための具体的な行動をしていますか?
ビジョンで夢をかなえたい、仕事で抜き出たい、キャリアを活かしたい
・・・そんなあなたを応援するのが「3Vの成功法則」です。

☆ワーク/ライフ・バランス
仕事と私生活をバランスよく両立させることです。
クラーク・フューチャー・コンサルタンツは
仕事でも私生活でも自分らしく輝く
あなたを応援しています。


┏★ クラーク・フューチャー・コンサルタンツのWebサイトは
┃ ==> http://www.clarkfuture.com/
┃★ 赤木美香ブログ「Believe Yourself」
┃ ==> http://ameblo.jp/akagi-mika/
┃★ ブログ「クラークの書棚から」
┃ ==> http://ameblo.jp/clark-book/
┃★ ご意見・お問い合わせ、メールニュース登録変更・解除は
┃ ==> cfc-info@clarkfuture.com
┗★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
(c) Clark Future Consultants , 2010 不許複製