■■3V ワーク/ライフ・バランス ■■■■■■■■■■■■■■■Vol.216■■

\ ★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ─ ★‥ あなたの大切な「当たり前」は?
/★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■クラーク・フューチャー・コンサルタンツ有限会社 2012/ 3/ 9 ■


    ク┃ ラ┃ー┃ ク┃の┃書┃棚┃か┃ら┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

「一点長所主義」のスタンスでいると、
 不思議なもので仕事上の能力でも、またその人の性格そのものでも、
  その人の優れている面や、その人しかもちえないようなところを
   見つけることができるようになる。
そして、それがひとつでも見つかると、
 相手のことをリスペクトできるようになる。
  相手にも自然と「自分は認められている」ということが伝わる。
   だから相手もこちらを認めるようになる。
    こうすることで自然に、
     「お互いに認め合う」という人間関係ができてくるのである。

「やっぱ『自分ブランド』でしょ」 (蟹瀬 令子 著 講談社 p29より)


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは(^-^)
CFC赤木でございます。

我が家の紫陽花に新芽がでてきました。
寒い冬が去り、春の訪れを感じます。
お雛祭りを祝うかのように、桃の花が満開になってい木を
たくさん見かけます。
私はこれら新芽を見かけたり、花が咲き始める春になりかけの時期と、
初夏の新緑の時期がとても好きです!
まっすぐ育とう、という自然の力強さを感じますから・・・♪


さて、皆様、ご心配おかけして恐れ入ります。
1月末の骨折のお話をちらっとしたら、
随分、ご心配のメールを頂戴いたしました。もう大丈夫です!
ありがとうございました\(^-^)/
もう大丈夫です!

毎週お医者様に、よくなったと言っていただけるのが嬉しいですね!
本日は「よくこんなに複雑に折りましたね」と、言われました。
思わず笑ってしまいました♪

骨折した理由は? と聴かれると、私の粗忽さが知れてしますから・・・。(^-^)

20代後半に左ひざを割り、2か月入院2か月リハビリという経験があります。
今回は手術もしなくて済み、自然治癒を選びました。
最初の骨折では早く歩きたいため、
厳しいリハビリを人の倍やって歩ける日を近づけました。
数センチの高さにも自力では足を上げられない、
普通に歩ける、普通に階段を上り下りできる有難さを痛感しました。
よく、「普通」「当たり前」が大切と言われますが、
本当にそうだな、と思っていました。
月日が経ち、「当たり前」が大切であることを、
様々な局面で教えてもらいます。

些細な不注意で、こんなにも不便な状態を余儀なくされる骨折をし、
幼子がいると、「じっとして足を上にあげていてください」と言う、
指示を守ることは極めて厳しい。
足の指1本、こんな小さな怪我で、家事をするのも、仕事をするのも、
中々時間がかかる・・・。

分かっていたつもりの様々な「当たり前」を、
今一度、考える時間をもらえた気がします。

小さな幼子がいる我が家では、「痛い、痛い」と言ったからと言って、
家事が減るわけでもなく・・・、だから「痛い」はあまり口にしなかった。

家事や子供の世話をしていると、最初は大変でしたが、
私がやるしかない現状を過ごしていると、
ポジティブに「母親をやらせてもらっていること」を
実感するに至ってきました。
独身貴族を謳歌し、仕事も精一杯やってきた私が、
今は、母親の役割もさせてもらっている・・・、この有難さ。

仕事も、研修や打ち合わせなど、外に出る仕事は延期を、
お客様や関係の皆様にお願いしましたが、
その時に仕事上でのお付き合いではありますが、
ありがたい人の想いをひしひしと感じさせていただきました。

普段と違うペースで生活している中で、
家族にも仕事関係の方にも、協力いただき、
ここまでこれたことに、改めて、感謝!

また、「人」との絆、つながり、想いなど、
動いていると感じにくいものを改めて感じるよい機会になりました。
新幹線の「のぞみ」では見えにくい景色も、
「こだま」だと、すこし見えてきますよね。これと一緒。

物理的に動けないから、1つ1つ、一人一人をよく感じることができました。
ご迷惑を関係の皆様にはおかけしてしまいましたが、
2012年を始めるに当たり、よき出発ができたと思います。

さて、長い冬眠生活を終え、桜の咲く季節になりましたから、
本格始動! 顔晴ります(がんばります)!!

4月には、またたくさんの新人スタッフの皆様にお目にかかれます!
毎年、これからの長い社会人としてのスタートラインに立った彼らに、
研修を通してエールを送っています。今年も楽しみです!

[CFC 赤木 美香]


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3V ワーク/ライフ・バランス Vol.216 INDEX】
┃ 1. APEC 女性と経済に関するハイレベル政策対話「宣言」
┃ 2. 復興に向けて顔晴る(がんばる)企業様
┃ 3. クラークの書棚から
┃ 4. 編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1.APEC 女性と経済に関するハイレベル政策対話「宣言」

前回お伝えいたしました、女性のエンパワーメントの世界の動き。
昨年9月、サンフランシスコでは、APECの閣僚等が会合し、
「女性と経済サミット・ハイレベル政策対話」が行われました。

中塚 一宏 内閣府副大臣らが参加した日本からは、
以下の内容を発信しております。

-----

・日本社会の指導的地位での女性比率を3割にすることを目指すことを含め、
 政府内のジェンダー主流化、多様化に尽力し、
 また、女性の起業支援のため金融包摂に関する国際的取組に積極的に
 参加する。
・女性の経済参画を促していくためには企業の経営層の意識を
 変革させていく必要がある。
・女性の能力を引き出すため、若手女性のメンタリングやロールモデルを
 提供するためのネットワーキングに関する取組を
 APEC地域で実施していくことが重要である。

 ※外務省 WEBサイトより抜粋
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/apec/2011/wes/gaiyo.html
-----

APEC 首脳は、地域経済において女性の潜在能力が、
依然として活用されていないと認識。
資金や教育、訓練、雇用、技術及び保健制度への
女性のアクセスを改善するという意志を表明いたしました。

女性の可能性を最大限に引き出すための具体的な行動を取り、
女性の才能を活用し、経済成長に向けて女性の貢献の最大化を目指す。
女性の経済的機会を拡大するための、具体的な行動と政策の実施、
法律や規制の改善が必要で、
「APEC 女性と経済の政策パートナーシップ」の設立を評価するもの。
課題に対処するため、我々は政府関係者に求める「宣言」と言う形で、
まとめています。

-----

☆APEC 女性と経済に関するハイレベル政策対話「宣言」☆
(概要・内閣府仮訳)

[1.資本へのアクセス]
・相続、夫婦の共有財産、動産及び不動産の所有権等に関する
 女性の法的地位の検証
・女性起業家のための、金融サービスへのより広範なアクセスの促進
・少額融資を含めた中小企業の融資プログラムの一覧表の作成、活用の
 検証
・女性が経営する中小企業の資本アクセス能力改善に関する、
 政府による好事例の共有、検証
・中小企業とそのファイナンスに関する性別データ収集についての
 OECD等の関与への協力

[2.市場へのアクセス]
・女性経営者・起業家の直面する規制等の障壁を取り除く、
 政府等のプログラムの検証
・ビジネス関係と流通経路へのアクセスを支援する、
 女性のネットワーク等の検証

[3.能力技能形成]
・女性の能力及び女性がスキルを身につけることを阻害する
 差別的慣行の排除
・政府による女性の起業家相談や訓練機会を支援する
 好事例の共有及び検証
・中小企業の支援プログラムにジェンダーの分析を組み入れることによる
 理解促進
・女性経営者の研修にあたり、各エコノミーのIT技術利用の好事例の共有
・小規模及び零細企業における女性のビジネスモデルの共有

[4.女性のリーダーシップ]
・次世代の女性のリーダーの後押し
・経済成長・企業の競争力に対するジェンダー多様性イニシアティブの
 効果の共有、意識向上
・女性のエンパワーメントのための施策を促進することにより
 得られる経済的利益の広報
・農村及び先住民の女性、社会的企業の公平な参加の促進、機会への
 アクセスの増大
・女性起業家やビジネスリーダーの地位向上のためのモデル化
・ABACメンバーへの女性の参画促進(少なくても1人は女性とする)
・取締役や政府における上級管理職の女性の数を増やすための、
 積極的アプローチと官民協働促進

[2011年を超えて]
今後のAPEC開催国が、更なるハイレベル・セッションを実施することを奨励。

※ 内閣府 WEBサイトより抜粋
  http://www.gender.go.jp/renkei/ikenkoukan/50/index.html

-----

また、昨日3月8日は「国際女性の日」と言うことで、
内閣府特命担当 中川 正春大臣は、
 
これからの日本社会で、女性の参画が社会全体の多様性を高め、
元気な日本を取り戻す重要な鍵であること。
人口減少・高齢化が進む中で、日本経済の再生や東日本大震災からの
復旧・復興等、様々な課題の解決を迫られる我が国で、
女性が社会のあらゆる場面に参画し、能力を発揮することが必要で
あること。
今後とも、国際機関、外国政府、NGOなどと連携しながら、
男女共同参画社会の実現に向けて、取り組みを進めるなどのメッセージを
発表しています。

[CFC 清水 将人]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2.復興に向けて顔晴る(がんばる)企業様

弊社では、被災地で復興に向けて顔晴っていらっしゃる企業様を
応援しております。
少しでも多くの皆様に、知っていただきたいとともに、
何かのご縁で支援の輪が広がりますことを心より願っております。

詳細は、弊社Webサイトでもご紹介しておりますので、
ご覧いただけましたら幸いです。

○(株)木の屋石巻水産様
「希望」から「感謝」、そして「誓い」

2010年漁業の水揚げ高全国第3位、石巻。
そこで水揚げされる大型のさばを使った缶詰が同社の看板商品でした。
津波によって工場が流されてしまう中、
がれきの中から、缶詰が見つかりました。
支援物資も充分になかった中、避難所の人々に元気を与え、
笑顔をとり戻した方もいたそうです。
そんな元気をくれた缶詰を発掘して、買ってもらえれば、復興の資金を
自分たちで集めることができるかもしれない。
社員総出、ボランティアの力をかりて発掘作業が始まりました。

⇒ 続きはこちらから
http://www.clarkfuture.com/menu06_17_01.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★3.クラークの書棚から

「やっぱ『自分ブランド』でしょ」 (蟹瀬 令子 著 講談社 p29より)

[著者プロフィール]

蟹瀬 令子氏:
上智大学卒、広告代理店勤務、米国ミシガン大学留学を経て、
1993年、クリエイティブ・マーケティング会社を設立し、
代表取締役に就任。エスティローダーのオリジンズなどを手がける。
1999年に「ザ・ボディショップ・ジャパン」の代表取締役就任。
ブランド価値を再生させ、業績の急回復を成し遂げる。
2006年に退任し、スキンケアブランド『LENAJAPON』を展開する、
レナ・ジャポン・インスティチュート株式会社を設立し、現在に至る。
夫はジャーナリストの蟹瀬誠一氏。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★4.編 集 後 記

警察庁が昨年の自殺者数について、14年連続で3万人を超えたことを
発表しました。
孤独死が多くニュースで取り上げられたりもしています。
より一層、身近な人に気をかけ、見守り、話を聞いて、
必要な支援をする、自分にできることを考える最近です。
絆を守るために、今私たちには何ができるのでしょうか?

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

[CFC 清水 将人]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★【3V ワーク/ライフ・バランス】について

☆3V
Vision・・・ビジョンを明確にしていますか?
View・・・ものの見方・捉え方が柔軟ですか?
Victory・・・成功するための具体的な行動をしていますか?
ビジョンで夢をかなえたい、仕事で抜き出たい、キャリアを活かしたい
・・・そんなあなたを応援するのが「3Vの成功法則」です。

☆ワーク/ライフ・バランス
仕事と私生活をバランスよく両立させることです。
クラーク・フューチャー・コンサルタンツは
仕事でも私生活でも自分らしく輝く
あなたを応援しています。


┏★ クラーク・フューチャー・コンサルタンツのWebサイトは
┃ ==> http://www.clarkfuture.com/
┃★ 赤木美香ブログ「Believe Yourself」
┃ ==> http://ameblo.jp/akagi-mika/
┃★ ブログ「クラークの書棚から」
┃ ==> http://ameblo.jp/clark-book/
┃★ ご意見・お問い合わせは
┃ ==> cfc-info@clarkfuture.com
┗★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

(c) Clark Future Consultants , 2012 不許複製