■■3Vワーク/ライフ・バランス■■■■■■■■■■■■■■■Vol.223■■

\★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─★‥ 知っておくべきルール、実践する意思
/★‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■クラーク・フューチャー・コンサルタンツ有限会社2013/10/30■

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3Vワーク/ライフ・バランスINDEX】
┃1.クラークの書棚から
┃2.CFCインフォメーション
┃3.赤木美香からのメッセージ
┃4.トピックス
┃  ~育休給付、休業前賃金の67%に引き上げ検討
┃5.編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    ク┃ ラ┃ー┃ ク┃の┃書┃棚┃か┃ら┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

パートナーとの関係は庭園のようなものでもある。
もし、美しい緑に覆われ、草花が咲き誇るような見事な庭園を作り上げ
ようと思えば、絶えず豊富な水を与えていなければならない。
それと同じように、理想的な二人の関係を築きあげようとすれば、
絶えず愛情と思いやりを充分に与えていく必要がある。
といって、ただ漠然と水を与えさえすれば美しい庭園ができあがるかと
言えば、けっしてそうではない。
・・・。
四季の移り変わりや予期せぬ天候変化に備え、あるいは臨機応変に特別の
細やかな心づかいをしていかなければならないのだ。
新しい種を蒔く必要もあるし、雑草を取り除必要もある。
・・・。

「ベストパートナーになるために」
著者:ジョン・グレイ(三笠書房)



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 2. CFCインフォメーション

個人セッション、キャリアカウンセリング!
カウンセリング受付開始!

◎なんだか、最近、仕事のこと考えると、気持ちがさえない・・。
◎なんだか、上司の言葉を聞くと、やる気になれなくなる・・・。
◎以前は頑張れたが、今は、頑張ろうと思うと、余計何も手につかなくなる。
◎自分も目標、ビジョンが見つけられない。
◎自分のできない理由を、いつも人のせいにしてしまって、前に進めない。
◎どうやったら、仕事の問題解決できるのか?

研修で多くのお客様のところに行かせていただく折、「個人セッション」の
ご要望を多くお聞きします。

一度、自分の整理、頭の整理、ビジョンの整理・・・、一緒にしてみませんか。

自分にとって、何が大切なのか、何をしてみたいと思っているのか、
一緒に考えてみませんか?

弊社HPでも、ビジョンメイクということで、個人セッションは以前より、
お受けしておりますが、どのような些細なことでも結構ですから、
一度ご連絡くださいませ(^ー^)

http://www.clarkfuture.com/menu01_04.html
☆メール:
cfc-info@clarkfuture.com

[CFC人財能力開発部]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★3.メッセージ

赤木 美香様、こんにちは(^-^)
CFC赤木でございます。

あっという間に11月になりますね。
今年もあと2ヶ月。この言葉をよく聞くようになりましたね。
本当にあと2ヶ月なんだ~~と、なんだか月日の移り変わりの速さに
驚くばかりです。

今年も、日本の各所を回らせていただきながら、研修を担当させて
いただきました。
ありがとうございました!!
各所、本来なら、旅行気分で楽しい、のかもしれませんが、現地に
つくと会場にすぐ移動、研修終わるとすぐに東京に戻る! という
ことで、観光や現地の美味しいものを食べるなど、中々できなくて
残念!

でも、各地で、それぞれの会社(職種、役職)で働くたくさんの方々
にお目にかかり、日本の広さと違いを感じさせてもらっています。

違うからこそ、お前はわかっていないと言われないようにするために、
お客様をよく知る、お客様のお客様をよく知る・・・、
「知る」尽力をしております。

研修の前には、その会社様のビジョンや、現在の課題点・問題点、
仕事のルールや決まりごと、お客様の声、お客様の満足度、会社とし
てどうしていきたいのかの希望・・・などなど。

何千人の方々の働き具合をお聞きすると、
だいたい皆さん、一生懸命仕事されてます。
本当に、こちらが見習いたいくらい・・・。

では、
なぜ、クレームや問題が起こるのか?
どうして、自分のやる気を起こすことができないのか?
どうして、自分のビジョン(働く目的、生きる目的)が分からなく
なるのか?

毎日のやるべきことが多すぎて、それに追われて追われて仕事して
いる方。
自分の失敗やお客様からのクレームなどで、自信がなくなってし
まっている方。
本当にお客様に満足いただくために、何をやったらいいか分からな
くなってしまっている方。
売上が中々あがらなくて、何をしていいかわからなくなっている方。
自分のやりたいことがこの仕事か迷っている方。


ただまっすぐ前を向いてやっている方は、20~30%いるかしら。

迷いながら、悩みながら、前に進んでいく、という人生の教訓は
多分多くの方は知っている。
でも、自分の道を塞ぐかのような「壁」、どうやって超えたらいい
のでしょうか。


どのような職種、役職、やりたいこと、現状、本来たくさんのヒア
リングをしないと、具体的なことは言えませんが、

でも例えば、
まずは、
価値のない仕事、必要とされない仕事は、自然淘汰される原則がある
ことを知ってみましょう。
私たちの仕事がある、ということは、その仕事が必要だから。
では、誰に役に立っているのか、何が役に立っているのか。
更に何をしたらもっと役に立つか。

やりたい仕事なのか、そうでないかを、選べないなら、
目の前の仕事を、まずは、懸命にやってみてはいかがですか。
文句言ってもやらないといけないなら、文句のエネルギーはもった
いない。
ただやる!

仕事のやり方や、考え方、知識、得られるものを得る。
1時間かかる仕事なら、まず50分で終わらせる。その為には効率
などを考えないといけない。そういった工夫をすることで、自分の力
が広がっていくのだと思います。

仕事にはルールや規則があります。
縛られるもののように思えますが、ルールや規則にはその意味があり
ます。
せっかくだから、それをちょっと考えてみると、
普段気にならなかった、目に入ってこなかった「社会」がわかるかも
しれないですね。

社会人とは、社会に貢献する人のこと。
だから、まずは、社会に目を向けてみる。
社会の小さな範囲、それは、仕事をしている職場、会社がある業界、
そして、日本をよく知ることも楽しい・・・。
結構、知り始めると楽しいですよ。

20代、読まなければと読んでいた新聞。
今では、楽しくて仕方ない。

 [CFC赤木美香]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★4.トピックス
育休給付、休業前賃金の67%に引き上げ検討
[読売新聞 10月28日(月)3時41分配信]

 厚生労働省は、育児休業中の所得を補う「育児休業給付」について、
休業前賃金の50%を支給している現在の制度を、最初の半年間は67%
に引き上げる方向で調整に入った。
  所得補償を拡大することで、夫婦ともに育休を取りやすくし、子育てを
支援するのが狙いだ。29日に開く労働政策審議会の部会に、給付率引き
上げの案を示す。
  厚労省は、2014年の通常国会に雇用保険法改正案を提出し、同年秋
にも新制度を始めたい考えだ。

  厚労省によると、12年度の育休取得率は、女性の83・6%に対し、
男性は1・89%と低迷している。現在の育休給付制度では、夫が育休に
入れば収入が半減して家計には痛手となる。田村厚生労働相は今年7月の
記者会見で、「男性の育休取得が低いのは、給付が低いのも一つの理由と
推測できる」と述べ、給付率引き上げに意欲を示していた。

  休業前賃金の3分の2にあたる67%への引き上げは、1日あたり日給
の3分の2が支給される出産手当金に水準を合わせたものだ。

  夫婦がともに育休を取得すれば、原則1歳までの支給期間が2か月延長
される。新制度では、延長期間まで共働き夫婦が給付を受けようとする場合、
妻が出産手当金の支給期間(産後8週間まで)に続いて育休に入り、給付率
が50%に下がる産後8か月のタイミングで夫が育休に入れば、夫婦2人で
1年間にわたり、育休中の夫か妻の給付が67%支給され続ける。

  妻だけが育休を取る場合は、夫婦が交代して育休を取るケースと比べ、
給付は少なくなる。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆クラークの書棚から著者案内 [著者プロフィール]

ジョン・グレイ
アメリカの著名な心理学者。特に自己開発と人間会見の分野で活躍。
グレイ氏が創設したウィークエンドセミナー「男と女の人間関係」講座
は、全米各地で開催され大好評を博している。CBS、NBC等のテレビ、
ラジオでもホームカウンセラーとして活躍中。
この本は、全米で1200万部のベストセラー。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆編集後記

2013年10月22日、「和食;日本人の伝統的な食文化」について、ユネスコの
補助機関から「記載(登録)」の勧告がなされましたね♪
多様で豊富な旬の食材や食品、栄養バランスの取れた食事構成、食事と年中
行事や人生儀礼との密接な結びつきなどといった特徴を持つ素晴らしい食文化
として、評されているみたいですね。
他国の食文化にも触れる機会も、結構できるようになりましたが、
私たち日本人が当たり前に、食することができる「和食」、他国から認められる
と、嬉しいですね。
ただの食事だけではなく、今よくきかれる日本の「おもてなし」文化も、「和食」
には込められているなあと、いつも外で食事を頂くときには感じます~。
「和食」もっと楽しんじゃいましょう!

弊社でも馴染みの深いザ・リッツカールトン大阪で、レストランでの食材の疑惑
が報道されています。
ホテル創業時からお付き合いさせていただき、弊社のお客様に、そして弊社に、
心からのおもてなしをしてくださったホテルだけに、とても残念に思います。
今まで以上に、おもてなしにプラスして、食の安全を提供してくださることを
祈って・・。

[CFCメールニュース編集部]


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★【3Vワーク/ライフ・バランス】について

☆3V
Vision・・・ビジョンを明確にしていますか?
View・・・ものの見方・捉え方が柔軟ですか?
Victory・・・成功するための具体的な行動をしていますか?
ビジョンで夢をかなえたい、仕事で抜き出たい、キャリアを活かしたい
・・・そんなあなたを応援するのが「3Vの成功法則」です。


☆ワーク/ライフ・バランス
仕事と私生活をバランスよく両立させること・・・。
クラーク・フューチャー・コンサルタンツは
仕事でも私生活でも自分らしく輝く
あなたを応援しています。


┏★ クラーク・フューチャー・コンサルタンツのWebサイトは
┃★ 赤木美香ブログ「Believe Yourself」
┃★ ブログ「クラークの書棚から」
┃★ ご意見・お問い合わせは
┗★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
(c)ClarkFutureConsultants,2013不許複製